経営者や技術者の想いをカタチにする事務所です

皆様の知財のパートナーとして

弁理士 常本 俊幸
企業での研究開発・知財部⾨において

幅広い経験があります

知財戦略パートナーズは、札幌の長友国際法律事務所の弁理士と弁護士が協働して運営し、特許や商標の出願はもちろん、知財戦略の企画立案、知財係争に対する予防法務、企業間の各種契約を含む、これまでにないサービスの提供を目指しております。

権利化の専⾨家である弁理⼠と争訟を解決する専⾨家である弁護⼠が協働することで、あたかも特許事務所と法律事務所が融合・一体化したようなワンストップサービスの提供が可能となります。

運営に際しては、企業での研究開発・知財部⾨において、発明の発掘や、特許・商標の出願はもちろん、知財戦略立案、社員教育、他社との契約などの分野で幅広い経験を持つ弁理士 常本俊幸が中⼼となり、北海道の企業の皆様のお⼒になれるようサポートさせていただきます。

また、弊所の知識とノウハウをもっと活⽤していただけるようなサービスにも⼒を⼊れております。すでに完成した技術の特許申請や保護だけではなく、企業の開発現場でアイデアを育てる段階から関与させていただくことで、最適な知財戦略やブランド化戦略を企業の皆様と⼀緒に考え、事業の競争⼒を強化していくような活動をしています。

各種の知財セミナーの開催などにより、皆様に知財をもっと知っていただき、どんどん活⽤していただけるように努めていきたいと考えております。

北海道の財産を守りたい

北海道には優れた技術を持つ会社、北海道ならではの原材料を使用した製品、海産物や農産物をはじめとした食のブランド、環境を活かしたビジネスなど、日本全国や世界に誇れる財産がたくさんあります。しかしビジネスを発展させて保護するために重要となる知的財産への対応がなかなか追いついていないのが現状です。

今後、農林水産業においてAI・IoTへの対応が必要不可欠になっていくことと思いますが、当事務所では、北海道の事務所ではまだ数少ない「AI・IoT関連事業の特許・知的財産」にも対応できる準備を行って皆様のご相談をお待ちしております。

さらに、権利化の段階から訴訟対応まで一連の流れをトータルにサポートできる体制を整えることにより、社内に知的財産部門を持たない企業様向けの「知的財産部門のアウトソーシング事業」を提供するなど、新たな試みをスタートしました。

北海道で生まれるビジネスを取り巻くサポート体制を北海道内で完結させることで、北海道全体の経済活性化に繋がることを願っています。

国際特許・国際商標もお任せください

TPPやEPA等の影響もあり、国際競争⼒を強化していく必要性が従来よりもさらに⾼まっております。知的財産を活⽤して皆様の国際競争⼒を⾼めていくお⼿伝いができればと考えております。
弊所で⼿掛けた特許や商標の国際出願は、国際登録および各国での権利化が順調に進⾏中しております。国際出願も安⼼してお任せください。

ビジネスを進めるための契約法務にも柔軟に対応

企業の中で企業法務や契約法務に携わってきた経験を活かし、クライアントの皆様がビジネスを有利に展開できるよう、知財に絡んだ共同研究開発契約や機密保持契約やライセンス契約など各種の「知財関連の契約法務」にも柔軟に対応いたします。

商標登録・特許出願などの権利化に関するご相談はもちろん、企業の海外進出を含めた知財とビジネス法務の組み合わせなど、お客様のニーズに合わせて総合的にサポートをさせていただきます。知的財産侵害に対する 差し⽌め請求・損害賠償請求などもぜひご相談ください。